バイオビジネスコンペJAPAN/バイオベンチャーの起業、ビジネスシーズ発掘、企業への技術移転、産学共同研究の推進を目指します。

バイオビジネスコンペJAPAN

よくある質問

Q1: 応募に際し、所属についての制限はありますか?

A1: 国立公立私立の大学・研究機関の研究者、バイオベンチャー等、個人・法人を問わずどなたでも応募できます。

Q2: 特許を取得していなくても応募できますか?

A2: 特許の有無については問いませんが、ビジネス化の可能性を評価する際の評価対象となります。(特許の有るプランが優位になるケースがあります。但し、特許の厳密な「有効性や評価」を当コンペの審査で判定するものではありません。) また、特許の無い場合、ビジネスプラン発表会・本選(審査)会等での発表内容は特に公知性に注意する必要があります。詳しくは当コンペホームページ・応募ページ内「覚書(ダウンロードが必要)」の記載内容をご参照下さい。

Q3: 海外からの応募の条件について詳しく教えてください。

A3: 単なる製造販売を目的とした外資企業の日本法人計画などは選考の対象外となります。
 日本国内での研究開発活動を伴う企業体の起業を条件とします。

Q4: 「ビジネスプラン企画書」ビジネスプランページ(4)の「成長性・将来性」の趣旨・内容について詳しく教えて下さい。

A4: 当コンペはビジネスコンペであるので、ビジネス(産業化)に近いものを重視しますが、成長性、将来性も評価基準としており、現在のパフォーマンスだけでなく、長期的に見たビジネスプラン(アーリー、レイトを問わず)のポテンシャル(潜在価値)も評価しますので、自身のビジネスプランの可能性を存分にアピールください。

Copyright (C) 2007 Bio Business Competition Japan. All rights reserved.